これからの天体配置(ざっくりと)

  • 2020.04.14 Tuesday
  • 10:00

 

《トランジットのメールメッセージ》

 お申し込み受付しています☆ミ

 ⇒ The Magic Carpet

 


 

2020年4月26日、やぎ座にある冥王星が逆行を開始します。

 

その後、5月中旬には土星・金星・木星が、

6月には水星と海王星も逆行期間に入ります。

 

冥王星・海王星・天王星・土星・木星・水星は、毎年のように逆行期間がありまして、

しかも水星以外は半年くらいは逆行していますから、あまり気にしないほうがよいと個人的にはとらえています。

個人的には、水星逆行もあまり気にならないほうです。

個人のホロスコープによっても感じ方の違いがありますから、「自分の感じ方」を大切にするといいですね。

 

 

とくに注意するとすれば、逆行開始と逆行終了の前後数日間です。

直近で言えば冥王星が逆行期間に入る、4月末の数日間です。

 

たとえば、気分が重くなるようなことがあっても、

「冥王星逆行と関係があるのかも〜」

ととらえて、状況を客観視できるといいかもしれません。

(何かが起きるとかはわかりませんけれども・・・)

 

 

ただ、今年は金星と火星も逆行します。これは毎年のことではありません。

金星は約1年7か月おきに、火星は約2年2か月おきに逆行します。

これらの周期が、今年はちょうどやってきたというわけですね。

 

金星は5月中旬から、火星は9月上旬から逆行します。

 

今回の金星逆行はふたご座で起きます。

コミュニケーションや思考、ことばを扱うことについての自己価値観の振り返りや、

お金についての意識の変化が促されやすいかも。

 

それから、私がちょっと注目しているのは今年の火星です。

ホロスコープ上では、火星はだいたい1〜2か月おきにサイン(星座)を移動していくのですが、

たまに1つのサインに半年ほどとどまることがあります。

それが今年は6月末から2021年1月まで、ずっと牡羊座に滞在します。

牡羊座は火星にとっての「ホーム」であり、もっとも威力を発揮しやすい場所です。

 

なにより、いま強力な配置になっている、山羊座の木星・土星・冥王星とスクエア(90度)の角度をとるという配置になる期間があります。

社会のシステム(仕組み)や経済システムの変容と軌道修正が起きやすい配置に、

火星が強烈な刺激を与えてくるイメージです。

 

いろいろ盛り込んで長くなってしまったので、また別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM